千葉県の窓ガラスフィルム施工専門店

〒270-1143 千葉県我孫子市天王台6-6-22

営業時間

 9:00~18:00
年中無休

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0120-186-074

電気代を抑えるためには

ここでは、電気代を抑えるための対策方法をご紹介します。

継続的な節電対策に取り組む

2011年の東日本大震災を教訓に、今後も起こりうる大地震や供給電力不足に備え、考えられるリスクを管理しながら、省エネ・エコ・節電対策を継続的に取っておくことが必要とされています。

  • 電気料金値上げのリスク
  • 供給電力不足のリスク
  • 地球温暖化のリスク

電気料金の値上げは、企業経営や家計に大きな影響を及ぼします。また、大地震などが原因で供給電力が不足してしまうと、突然に節電を強いられてしまいます。地球温暖化で年々平均気温が上昇していくことを考慮すると、やはり節電対策は必要不可欠です。

節電対策は、今日始めてできるものばかりではなく、日頃から計画的、継続的に実施していくことが重要です。

空調の設定温度を1~2℃調整する

夏場は冷房の設定温度を1~2℃上げることで電気代を抑えることができて、省エネにもつながります。

窓ガラスに遮熱フィルムを貼る

熱(熱線)は窓ガラスから入ってきます。
熱線を窓ガラスでカットすることできれば、室内温度の上昇を抑えることができます。

遮熱フィルムを窓ガラスに貼ることで、今すぐに節電対策ができ、継続的な節電対策にもなります

遮熱フィルムは、窓からの熱線をカットするので、室内の温度上昇が抑えられ、結果、冷房効果が上がり省エネです。冷房の設定温度を1~2℃上げても、室内の快適性をそのままに夏を涼しく過ごせます。

”窓に遮熱フィルムを貼ること”は、経済産業省が夏期節電対策の具体例として挙げています。

熱線フィルムに関するご相談・ご質問などございましたら、どうぞお気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0120-186-074
受付時間
9:00~18:00

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。