千葉県の窓ガラスフィルム施工専門店

〒270-1143 千葉県我孫子市天王台6-6-22

営業時間

 9:00~18:00
年中無休

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0120-186-074

窓からの紫外線によるデメリットとは

ここでは、窓からの紫外線によるデメリットをご紹介します。

インテリアへのデメリット

紫外線は、大切な家具やカーペット、フローリング、畳、カーテンなどの日焼け・色褪せ・劣化の原因になります。

当社が今まで伺ったお客様の中にも、カーテンやブラインドが紫外線によってボロボロになってしまったという声を多く耳にします。

家のリフォームをする際、紫外線による畳の劣化が原因で余計にお金が掛かってしまったというお話もありました。

お肌へのデメリット

しみ・そばかす・色素沈着の原因に

まず、紫外線の悪影響から肌を守るための防御反応として、表皮基底層のメラノサイトがメラニン色素を増やします。

健康的な肌であれば、新陳代謝により排出されるはずのメラニン色素ですが、場合によっては肌内部に残存し、肌の黒化、しみ・そばかすの原因となってしまいます。

紫外線のうちUVAと波長の長いUVBは、表皮を通り抜け真皮まで影響を及ぼします。その結果、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などに支えられた真皮の層構造に損傷を与えます。

真皮の層構造が変性すると、肌は弾力性を失い、しわ・たるみが発生します。

保湿機能を低下させ、肌トラブルの原因に

紫外線は、真皮膜・細胞間脂質・NMF成分の働きを弱め、肌の保湿機能やバリア機能を低下させます。肌は潤いを失いカサついた状態となります。

肌荒れなどの様々なトラブルが発生しやすくなり、肌老化を促進してしまいます。

活性酸素を発生させ、肌の老化を促進

紫外線を浴びると皮膚に活性酸素が発生し、皮膚に存在する脂質を酸化させて過酸化脂質へと変えていきます。過酸化脂質は細胞の機能を低下させ、様々な肌老化の原因となってしまいます。

メラニンの生成も一種の酸化作用であり、活性酸素の大量発生は、メラニンの増加にも関与しているとも言われます。

新陳代謝を乱れさせ肌老化を促進

紫外線は表皮細胞を傷付け、肌細胞の再生(新陳代謝)に乱れを生じさせます。その結果、排出されるメラニン色素が肌内部に残存し、しみ・そばかす・色素沈着となります。

また、新陳代謝の乱れは、表皮角質層の保湿機能やバリア機能にも悪影響を与え、肌老化を促進します。

遺伝子を傷付け、皮膚ガンなどの原因に

紫外線は、細胞の遺伝子(DNA)を傷付けます。
通常は、遺伝子の傷は自然と修復されていきますが、大量の紫外線を浴びてしまうと、その分多くの遺伝子が傷つき、間違った修復(突然変異)がおこる可能性が高まります。これが、皮膚ガンへとつながります。

免疫力も低下させますので、できたガン細胞を排除する機能も弱まり、感染症にもかかりやすくなります。

紫外線カットフィルムでデメリットを回避

紫外線によるデメリットはご理解いただけたでしょうか。
では、その紫外線をどうすれば回避できるのでしょうか。
窓から降り注ぐ紫外線をカットできればデメリットを回避できますよね。

紫外線カットフィルムを窓ガラスに貼れば、紫外線によるデメリットを回避できます。

紫外線カットフィルムは、紫外線を99%カットしますので、フィルムを貼ったその瞬間から、紫外線によるあらゆるデメリットを回避することが可能となります。

紫外線によるインテリアの日焼けや色褪せを抑えます。
また、女性や小さなお子様のデリケートなお肌を守ります。

紫外線アレルギーでお悩みの方にも、有効的な紫外線対策の1つです。

紫外線カットフィルムに関するご相談・ご質問などございましたら、どうぞお気兼ねなくお問合せください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0120-186-074
受付時間
9:00~18:00

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。